多摩地区で霊園を選ぶ際には継承者に相談する

多摩地区は、墓地や霊園において、受け入れられる宗旨や宗派が決まっている場合があります。それ故、お墓探しの際には、自分の家や家系が所属している宗旨や宗派が何であるか、確認しておく必要があります。また将来承継する人物を含めて、先々如何なる対処を施したいか相談することが大事です。 中には、宗教不問の墓地もあるので、その場合は該当家族が単独で決めることも可能です。在来仏教に限定されている場合は、昔から続く日本の代表的な仏教宗派が該当し、天台宗をはじめ、浄土宗や浄土真宗、そして真言宗などが含まれます。また、真言宗や臨済宗、曹洞宗や日蓮宗と分かれて埋葬されることもあります。宗派限定の墓地に埋葬する場合には、信者以外の場合は、改宗する必要があります。その他の宗教としては、神道やキリスト教、そして新興宗教が含まれます。

アクセスしやすい場所選びが大事

多摩地区での墓地選びにおいて、お墓参りがしやすいかどうかは、大切なポイントになります。身体が健康な時には、多少の遠出は苦になりませんが、足腰が弱ってくると墓参りが負担になってきます。お墓の清掃が行き届かないと、次第に周囲が荒れてきてしまうわけです。それ故、先々の事を考えれば、交通の便やアクセスが良い場所を選ぶことが大事です。 その際には、公共交通機関の経路をはじめ、徒歩でのアクセスや道路状況、そして車でのルートと詳細に確認することがポイントになります。霊園などでは、見学時に送迎サービスを実施しているところもありますが、実際のアクセスを確認するために、公共交通機関などを使ってみることが勧められます。霊園選びには、お墓の価格や費用も大事ですが、まずはアクセスの良さを念頭に置くのが良いと言えます。

周辺環境も考慮して墓地を選ぶこと

お墓の費用には、墓石本体の値段と外柵等、そして施工費が含まれます。永代使用料はお墓の土地の使用権の値段で、維持経費としての管理料は別になっています。こうした費用区分を理解していなと、トラブルの原因になるので注意が必要です。墓地の自然環境に関しては、周りの自然と溶け込めるような場所が理想とされます。 ただし、自然環境に囚われすぎると、アクセスに問題が生じるので、程よいバランス感覚が必要です。それでも、周囲に山や川があれば、お墓参り自体が楽しいものとなるので、選択肢の一つとして考慮することも大事です。お墓の手入れの面では、日陰よりも日当たりが良い場所の方が、湿気もこもらないので管理しやすいと言えます。また、水はけに関しても留意しておくことが必要で、地下部の納骨棺に影響が出ない場所を選ぶことが重要です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加