東京からも好アクセスの多摩霊園の新区画

東京町田市は、霊園が比較的多い地域としても知られています。その中でも、圧倒的に長い歴史を誇り、たくさんの人が利用する東京多摩霊園は、魅力が多いことから選ばれているとも言われています。現在でも新しい区画は販売されており、墓地を求める人が見学に訪れています。また、広くて新しい場所に改葬したいという人も多くいます。法律により改葬はあらかじめ市町村の許可を得ることなどが決められているため、そういった相談にも気軽にのっています。 まずは、見学をして実際にその目で確かめてみることが大切でしょう。見学は、HPを通して申し込むことが可能です。通常は新しいお墓を建てるのに、最低2カ月ほどかかります。慌てることのないよう、事前に見学しておくこともおすすめでしょう。

園内を見渡せる眺望が自慢の最上段

お墓に入っても、その美しい自然や見晴らしを大切にしたいということであれば、最上段区画がおすすめです。晴れている日には、多摩霊園がある町田市や横浜市まで見渡すことが出来ることが魅力です。高台に位置しているために、空も近く、園内の緑に囲まれた環境は落ち着いて眠ることが出来ると好評となっています。高台あるということで、お墓参りの際に大変なのではないかと不安に思う人もいますが、すぐ近くまで車や送迎バス、タクシーで乗り付けることが可能となっており、年配の人でも安心してお墓参りをすることが出来ます。もちろん園内はバリアフリー設計となっているため、車いすを利用して来園する人にも安心です。改葬を望まれる人は、こうしたバリアフリーに魅力を感じる人も多いようです。

南向きの一列に配列されたお墓が魅力

通常良く見られるのは、お墓を背中合わせに立地しているタイプです。しかしここは南向きに1列に配列されており、背後にお墓が建つことはありません。参道も、1.2mの幅を取っているため、お盆中などの混雑時もスムーズにお墓参りをすることが可能となっています。もちろん車いすで通ることも可能ですから、高齢者のお墓参りにも安心です。車でのアクセスも便利ではありますが、公共交通機関を利用することもおすすめです。最寄りのバス停からは送迎バスが出ており、土・日・祝日、お盆期間、お彼岸期間は無料で利用することが出来ます。バリアフリー設計・トイレ完備、都心からのアクセス良好、法要が行える管理等の完備、お墓のメンテナンスサービスなど、宗派に関係なく受け入れている公園墓地であります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加